翻訳サービス
 
  品質基準
  管理フロー
  機密保持
  Q & A
 
東京オフィス(駐在員事務所)設立!日本のお客様へのサービスをさらに充実します。 こちらをご覧ください。
プロ翻訳者育成講座好評開講中!詳しくはこちらをご覧ください。
WEDO 緯度翻訳は中日・日中専門の翻訳・通訳専門会社です。
WEDOは社を挙げて、VIP顧客の皆様に高付加価値サービスを提供すべく全力を傾けています。
引き続き皆様のご愛顧をよろしくお願いいたします。

「どのように依頼すればいいのでしょうか?」といったご質問にお答えして、ご注文の流れをわかりやすくご説明いたします。

お問い合わせ
お問い合わせ・ご注文はこちら

ヒヤリング
ご依頼内容の詳細についてヒヤリングを行ないます。次の項目についてお知らせください。
@言語 (例:日本語→中国語など)
A分野 (例:契約書、パンフレット、マニュアルなど)
Bボリューム(例:A4サイズ10枚、約8,000文字など)
C納期(緊急度)(例:来週火曜日午前中、10月20日までなど)
D訳文の用途 (例:社内使用、スピーチ用(ですます調)、印刷用など)
E用語集、サンプル、参考資料等の有無
お見積り
当日、あるいは大量の場合は翌日に、お見積りの結果をお知らせいたします。

ご発注
正式なご発注は電子メールまたはファックスにてご連絡ください。

翻訳者決定
翻訳原稿の言語・分野・納期を踏まえ、当社専属翻訳者あるいは契約翻訳者の中から適任者を手配いたします。
進捗管理
翻訳・校正の進捗、納期等について、弊社専属のプロジェクトマネージャー(PM)が事前計画に従って管理します。
必要に応じて、用語集の整理や翻訳者へのクエリーなどサポートを行います。
校正
文書の用語・言葉遣い・数字・アルファベット・レイアウトなどのミスを防ぐために、WEDOの専任チェッカーが訳文を
きめ細やかにチェック・修正。誤訳や訳漏れを無くし、より明解かつ流暢な訳文に仕上げます。
納品
仕上った訳文はご希望の形態で納品させて頂きます。
ご請求とお支払い
請求書を送らせていただきますので、銀行振込または現金でのお支払いをお願いいたします。
翻訳の効率を左右するご注文時のポイント

用途
文書の用途によって、翻訳時の重点が異なります。例えば、技術文書とパンフレットを比較すると、前者は正確さが最も重要ですが、後者は文章の流れに重点を置くべきです。それぞれの用途に即して訳すことが重要です。また、文体・訳調などを後から修正するのは意外と手間がかかります。翻訳のニーズは何か、また対象者は誰か、ご要求を最初にお伝え頂ければ、翻訳の品質と効率の向上につながります。

緊急度
スピード優先の場合と、納期まで余裕がある場合では、両者それぞれプロセスが異なってきます。緊急度は業務計画にとって重要な要素ですので、お急ぎの場合は必ずその旨お伝えください。

用語集の有無
原稿には普通、特有の社内用語や業界用語、固有名詞等が含まれています。これを事前にお伝えいただくだけで、仕上りが格段に違います。大切な文書をより品質の良いものにするために、時に用語集のご提供または作成が必要となります。また、報告書やマニュアル、ウェブサイトや以前翻訳された関連資料など、参考となる情報をご用意いただけると、品質の向上と納期の短縮につながる場合もございます。